債務整理・過払い請求最新情報

2013年6月1日予定
自己破産の解説を公開予定
2013年6月1日予定
任意整理の解説を公開予定
2013年6月1日予定
個人民事再生の解説を公開予定

債務の返済にお困りの方は「債務整理」をご検討ください

貸金業法の改正により、年収の3分の1以上の借り入れをすることが、原則できなくなりました。また、法改正以前から、不景気であるということもあり、複数の貸金業者から借金をしてその返済のためにまた借金をする、こんなことの繰り返しで、返済が困難になる人が増えています。

このような「多重債務」の状態となってしまった場合には、専門家による債務整理をご検討ください。

債務整理とは、債務を何らかの形で処理することの総称であり、自己破産や任意整理のような法的整理と、法律に根拠を置かない整理法である、任意整理があります。広い意味では、最近よくニュース等でも報じられる、過払い金返還の手続きもこの任意整理に含まれます。

相談は、弁護士や司法書士へ、お近くに事務所がない場合には、弁護士会、司法書士会にお問い合わせください。

過払い金とは

利息制限法という法律では、利息の上限を定めています。利息というのは、立場の強い貸主の言いなりになりがちなため、法律で規制をするという趣旨です。

【利息制限法の上限金利】

  • 元本が10万円未満の場合 年20%
  • 元本が10万円以上100万円未満の場合 年18%
  • 元本が100万円以上の場合 年15%

そして、利息制限法で定められた利率の上限を超えて利息を支払っていた場合、貸金業者に対して、払い過ぎたお金の返還請求ができる場合があります。この、払いすぎているお金を「過払い金」と一般的に呼んでいます。

過払い金の計算は、上限金利を超えて払い過ぎている利息を元本に充当するという方法で行います。そして、元本がなくなっても支払いを継続していた場合、貸主は不当に利得を得ているということになり、借主はその不当利得の返還請求ができるということになります。

「グレーゾーン金利」とは

「グレーゾーン金利」という言葉が、今では「過払い金」と同じぐらい一般的になりました。しかし、その意味は正確に理解されていないことが多いようです。

グレーゾーン金利というのは、怪しい金利帯で、実は無効な金利だったと思われているようです。しかし、実際には、貸金業法43条の「みなし弁済」の規定により、有効な金利とされることがありました。しかし、非常に厳格な規定であるため、裁判でみなし弁済が認められることはほとんどなかったのです。

そして、最高裁平成18年1月13日最高裁判決において、グレーゾーン金利を有効とするための要件を非常に厳格に解釈する判決が出たため、この判決以降はグレーゾーン金利が有効となる可能性はほぼゼロになりました。

このページの先頭へ

トップページイメージ画像